Android搭載&防水スマートウォッチ「Omate TrueSmart」が登場


クラウドファンドのKickstarterで、Android搭載&防水対応のスマートウォッチ「Omate TrueSmart」が資金募集を始めました。

現在、ウェアラブル端末の中でも「スマートウォッチ」は今話題となっているキーワードの一つですが、
「Meta Watch」や「Smart Watch(ソニー)」、「Pebble」、「AGENT」等は、
スマートフォンとのペアリングが前提となっているのが現状です。

そんな「TrueSmart」は単独で動き、スマートフォンのように扱える利点があります。


既に同じコンセプトの製品はあるものの…

実は、既に同じスタンドアロン型でAndroidを搭載している「I'm Watch」(上記画像)というのが昨年出ているのですが、
Androidバージョンが1.6で、ハードウェアもソフトウェアも、何かと非力な部分が多くあり、まだまだ実用的ではありませんでした。

「TrueSmart」のスペックは?


一方、「TrueSmart」はAndroidのバージョンは4.2.2Cortex A7のデュアルコアと、小さく収まりつつも、それなりのパワーが期待できる構成となっています。
ディスプレイは1.54インチ(240×240)の液晶です。

そしてさらに、GPS、Wifi、SIMカードやMicroSDカードも挿せるし、カメラも付いちゃって防水・防じん性能(IP67)!

ただ、RAMは512MBなので、4.x系で頑張れるか少し心配。

これだけ聞くとスマートフォンの話に聞こえるのですが、腕に巻ける大きさというのだから驚きです。

もちろん良いことだけではない

スマートフォンと遜色ないスペックですが、物理的に小さくなったことで、問題出てきます。

それはバッテリーです。
現時点では、大きさに制限がある以上、載せられる容量にも限界があります。

「TrueSmart」は600mAのバッテリーが備わっていますが、これは一般的なスマートフォンの約1/3です。
ディスプレイを常時点灯し、バックグラウンドで動作するアプリケーションが多ければ多いほど、どんどんバッテリーを消耗するわけですから・・・

最悪1日も持たないかもしれませんね。時計なのに。

スマートに使用すればいいじゃない

もしかしたら、前述の通り、時計としてはまともに機能しないかもしれません。
でも、それでもいいんじゃないかなと僕は思います。

Bluetoothヘッドボンと繋いで音楽プレイヤーとして使うとか、
ちょっとしたメールを見るとか
電話として使うとか(かなり無理だけど使おうと思えば使える模様)

ちょっとした行動が、全て腕に乗っかっているモノで完結できたら、間違いなく生活が便利になるはずです。

だから、今はとりあえずWatchは気にせずSmartに使えればいいんじゃないかなと思います。
少なくとも今はね。





共有ボタン



Previous
Next Post »