Samsung製スマートウォッチ「Galaxy Gear」の本体デザインがリーク





Samsungが近いうちに発表される予定のスマートウォッチ「Galaxy Gear」の本体デザインがリークしました。



スペックは以下の様になると言われています。


  • OS:Android 4.2.2(JellyBean)
  • SoC:Exynos 4212 デュアルコア@1.5Ghz
  • GPU:Mali-400 MP4
  • ディスプレイ:2.5インチ AMOLED(320x320)
  • その他:200万画素カメラ、 スピーカー、Bluetooth 4.0 LE、NFC

単なる通知だけを受け取るのではなく、単体での動作を想定されたスペックとなっています。
SoCは「Galaxy S2」を採用したExynos 4210の後継とかなりパワフルな印象。

ただ、肝心の時計のデザインがかなり残念なことになっています。

随分と縦に長く見えますが、Exynos 4212プロセルルールが32nmなので、大きさが犠牲になってるのでしょうか。
そうなると、駆動時間はどうなるのかも気になるところですね。

まあ買わないんですけど。

[VentureBeat via Engadget]


共有ボタン



Previous
Next Post »