Nexus OneにカスタムROM(Evervolv Kitkat 4.4)を焼いてみた

http://gadgenno.blogspot.com/2014/01/nexus-one-kitkat-custom-rom.html
2014年最初のお遊びはNexus Oneいじりです。

導入するカスタムROMはKitkat(4.4)のEvervolvです。
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2540366

今回はWindows上から行います。


事前準備

■Evervolv Kitkat 4.4
下記からダウンロード出来ます。
http://evervolv.com/devices/passion

今回は4.4.2がベースになっているver4.0.0p4.2を導入します。

■BlackRose
カスタムブートローダーです。
Nexus Oneのsystem領域は小さいため、ICS以降のverはパーティションサイズを変更する必要があります。

ダウンロードは以下から出来ます。
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1270589

■Gapps(Core)
Googleサービスを実行するために必要です。
ただし、前述の通りsystem領域は小さいため、入れるものはPlay Store等最小限です。

以下からGapps Core 4.4xというのをダウンロードしてください。
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2012857

■USBデバッグ有効
Nexus OneでUSBデバッグを有効化しておきます。
また、adbから認識されることを確認して下さい。

■カスタムリカバリ
ClockworkMod Recoveryか、TWRPをflashしておきましょう。
今回はClockworkMod Recoveryを使用します。

・ClockworkMod Recovery
http://www.clockworkmod.com/rommanager
・TWRP
http://techerrata.com/file/twrp2/passion/openrecovery-twrp-2.4.1.0-passion.img

BlackRoseインストール

以下の動画を参考にインストールします。



systemのパーティションサイズ変更

以下の動画を参考にsystemのパーティションサイズを変更します。

xdaによれば、Gappsを含めて必要になるのは250MBとのことなので、
・system:250MB
・chache:8MB
にしておけば問題ないと思います。



必要ファイルをNexus Oneへ移動

PC上にカスタムROM、Gappsを置いている場合は、Nexus Oneへ移動します。
  1. コマンドプロンプトを開き、「adb push <移動元ファイルパス> <移動先パス>」を叩きます。
    わかりやすい/sdcard上に置いておくといいと思います。

    (例) C:\XXX>adb push C:\XXX\ev_passion-4.0.0p4.2-perdo-squished.zip /sdcard

カスタムROMインストール

  1. ボリュームダウンボタン+電源ボタンでブートローダーを起動
  2. 「RECOVERY」を選択し、リカバリモードで起動
  3. install zip from sdcard」を選択
  4. 「choose zip from sdcard」を選択
  5. 「ev_passion-4.0.0p4.2-perdo-squished.zip」を選択
  6. 「Yes - Install ev_passion-4.0.0p4.2-perdo-squished.zip」を選択
  7. 「Install from sdcard complete.」と表示されれば完了です。

    ~~Gappsをインストールする場合はさらに以下を実施~~
  8. 「choose zip from sdcard」を選ぶ。
  9. 「12-14_GApps_Core_4.4.2_signed.zip」を選ぶ。
  10. 「Yes - Install 12-14_GApps_Core_4.4.2_signed.zip」を選ぶ。
  11. 「Install from sdcard complete.」と表示されば完了です。
再起動後、無事初期設定画面まで表示されれば完了です。

触ってみたところ・・・

流石に動作はなめらかではなく、カクつきはあります。
安定性は2.3系のカスタムROMかなと思いますが、最近は4.x以上が必須のアプリも増えてきているので、用途によって評価は変わってきますね。

また、system領域には余裕がなく、アプリもそれほど入れることはできません。
それでも、最新verが3年前の端末でも動くというのは素晴らしいです。開発者に感謝。




共有ボタン



Previous
Next Post »