スマートウォッチ「Pebble Steel」が発表。金属筐体、ゴリラガラスを採用

Pebble-Steel
CES2014にて、スマートウォッチの「Pebble」にステンレススチールを採用した「Pebble Steel」が発表されました。




Pebble-and-Steel
初代「Pebble」はプラスチックを採用しているため、高級感が出ています。
本体の大きさもかなりスマートになりましたね。

ディスプレイパネルにはゴリラガラスを採用し、キズにも強くなりました。
また、充電時にはひと目でわかるようにLEDランプが付くようになっています。

ディスプレイは変わらずシャープ製の1.26インチメモリ液晶(144×168)を採用。
防水性能もあるため、初代との違いは見た目のみになります。

価格は$249で、バリエーションはつや消しの「Black Matte」か磨き上げの「Brushed Steainless」の2種類。
早期注文者は国外問わず配送料が無料です。

発送開始は1/28からとのことですが、既に人気のようで2月中旬まで伸びている人もいるようです。

[Pebble Blog]


共有ボタン



Previous
Next Post »