Pebbleの日本語化アプリ「PebbleNoti」が便利な件

http://gadgenno.blogspot.com/2014/06/pebble-noti-review.html
Androidのみの話になりますが、今年初めに出たPebbleの日本語化アプリ「PebbleNoti」がいつからかアップデートされ、かなり便利になっていたので既存機能も含めて紹介。


Pebbleの文字に関する仕様

そもそもの話になりますが、Pebbleは本体メモリに置ける文字数には255文字までという制限があります。
そのため、日本語の場合はひらがなやカタカナ、さらに漢字も加えると文字数的に不可能なので、アプリ側が頑張ってフォント情報をBitmap化してPebble側へ渡すしかないようです。

今回紹介するPebbleNotiも同じ仕様となっていると思われます。

※現在は有志の方が日本語に対応した言語パックを公開しているのでそちらを導入した方がいいです。
http://wh.to/pebble/index_jp.html

フォントの設定が可能


他の日本語化アプリにはない機能として、表示するフォントの設定ができます。(設定しなくても日本語表示は可能です)
Android端末側で指定されたパス(/sdcard/fonts)にお好きなttfファイルを置き、選択しておけばOKです。


バイブレーションパターンの設定も自由にできる


特定の通知のみ、Pebbleのバイブレーションのパターン設定も可能です。
たしかv1.0のPebbleNotiはこのような設定がなく、メールがきても気づかないようなバイブレーションだったので、こういう設定はありがたいです。

通知表示のタイムアウト値設定


通知がきても指定した時間を過ぎれば自動的に画面がWatchfaceに切り替わります。

ただし動作しない時もある模様…。


通知が来た時のイメージ

・電話着信通知


・メール通知


特にメールを日本語で見ることができるのが便利。
既読管理は出来ませんが、見るだけであればスマートフォンを取り出す必要もありません。

白くなっている箇所はアドレスで管理している名前かメールアドレスか表示されます。

良い点

  • 通知設定が豊富
  • スマートフォンで受け取ってからの通知が早い(他のアプリは描画に時間がかかっていたりする)
  • 着信通知もそこまで遅延がないので、出れないということはなさそう
  • メールや着信の通知履歴が見れる

微妙な点や注意点

  • 機能は全てWatch Appを通す必要があるため手間(仕様上、仕方ないのはわかっているのですが…)
  • Free版とPro版があるが、Free版は7日間の期限付きで、アップデートが積極的ではないのでPro版推奨

アプリのリンク



AndroidのPebble使いにはおすすめです。


共有ボタン



Previous
Next Post »