Android搭載の電子ペーパー端末「Onyx BOOX T68 LYNX」レビュー

Onyx BOOX T68 LYNX
Androidを搭載し、ディスプレイが電子ペーパーとなっている端末「Onyx BOOX T68」をレビューします。
過去にAndroidをベースとした端末はありましが、これは標準でGoogle Playに対応しているため、Androidタブレットのように使うことができます。




スペック

  • OS:Android4.04(Ice Cream Sandwich)
  • ディスプレイ:6.8インチ電子ペーパー(1440×1080)+フロントライト
  • SoC:Freescale i.MX(Cortex A9)@1.0GHz
  • RAM:512MB
  • 内蔵ストレージ:4GB
  • 通信:Wifi(802.11b/g/n)、Bluetooth4.0 LE
  • 大きさ:194.2 x 132 x 8.8mm
  • 重さ:236g
  • バッテリー:1700mAh
  • 入出力:MicroUSB、MicroSD(32GBまで)、3.5mmステレオジャック
  • その他:Google Play標準対応

開封

Onyx BOOX T68 LYNX
パッケージ。

Onyx BOOX T68 LYNX
T68にはT68MLといった様々なバージョンがあるとのことですが、
こちらはMLではない様です。

Onyx BOOX T68 LYNX
開封。中身はシンプルに端末とMicroUSBケーブル、解説書のみです。

ハードウェア

Onyx BOOX T68 LYNX
本体のサイズは物理ボタンがあるため縦長です。

Onyx BOOX T68 LYNX
材質はプラチスックで安っぽいです。
ただし、質感はマットなので滑り落とす心配は無さそう。

Onyx BOOX T68 LYNX
背面もまたシンプル。材質は表と同じです。

Onyx BOOX T68 LYNX
右側には電子書籍アプリ用に前/次ページボタンがあります。
標準のを使用しない限りは使うことはないでしょう。

Onyx BOOX T68 LYNX
左側にはAndroidでお馴染みのメニュー、戻るボタンがあります。

Onyx BOOX T68 LYNX
下部に3.5mmステレオジャック、MicroSDカード、MicroUSB、電源ボタンがあります。

Onyx BOOX T68 LYNX
Kindle Paperwhite(2012)と。
まだ持ち運びできる大きさかなと思います。

ソフトウェア

Onyx BOOX T68 LYNX
ホームのデフォルトはOnyxのホームランチャーが起動します。
ちなみに、フロントライトは最初からオンになっています。

Onyx BOOX T68 LYNX
アプリ一覧にはOnyxの電子書籍アプリの他、Androidでもよく見る標準アプリやGoogle Playがあります。
ナビゲーションキー、通知は上部にありますが、通知表示は上からスワイプして出すタイプではありませんでした。
表示の仕方を見る限り、内部的にはタブレットUIになっているのだと思います。

Onyx BOOX T68 LYNX
スペックにも書きましたが、Androidのバージョンは4.04(Ice Cream Sandwich)です。
2.3を載せるよりはマシなんですが、古いバージョンではあるので一部アプリには対応しないでしょう。

Onyx BOOX T68 LYNX
言語設定には日本語が選択できます。
本当にそのままAndroidを載せてくれているみたいです。これはありがたい。

Onyx BOOX T68 LYNX
Google Playを起動。
ディスプレイは電子ペーパーなので、スクロール等の動きがある処理には弱いです。
環境を整えるためにアプリをインストールするだけでもストレスが溜まります。

良い点

  • ハックの必要がなく、標準でGoogle Playに対応
  • KindleやKoboをインストールし、自炊ユーザはサードアプリで対応可能。
    • これで夢の汎用電子書籍端末が誕生
  • ディスプレイの解像度が高い

微妙な点

  • 低スペック
    • Androidとしては動作がよくない
  • 電子ペーパーなのでスクロールに弱い
    • 電子書籍アプリ側の設定でページ移動のアニメーションは無しを推奨
  • Wifiが急にオフになる
    • バッテリーを意識した仕様とみられるが、Androidでこれをやられるとイラっとくる。
  • 誤タッチが多い
    • いつもより少し上を意識してタップしないとずれる。アップデート待ちでしょうね

汎用性があるので、専用端末がイヤだと言う人にはおすすめです。
ちなみに、Onyxの公式ショップから購入が出来ますし、直接国際配送ができます。
[製品ページ]


OnyxBooxT68 【並行輸入品】
OnyxBooxT68 【並行輸入品】


共有ボタン



Previous
Next Post »