Pebble OSがv2.5から文字数制限が緩和された模様。将来は公式に日本語対応されるかも?

pebble-steel
Pebble OSのバージョン2.5がリリースされました。
これに関して、ひらがなカタカナ対応のカスタムファームウェアの開発者によれば、1フォントの文字数制限が緩和された変更がされているとのことです。



以下コメント引用

2.5ではPebble内部フォントのフォーマットが変わって、1フォント256文字の制限がなくなり、文字コードも4バイトの文字まで格納出来るようになったようです。
公式な日本語対応はまだですので依然として日本語の表示は出来ないですが、いずれ対応されるのかもしれません。

ということで、日本語化へ一歩前進しました。
ハードウェアの制限もあるかもしれませんが、是非対応してほしいですね。


ソース:Pebble 日本語 (ひらがな, カタカナ) カスタムファームウェア


共有ボタン



Previous
Next Post »