2016年のIIJmio(みおふぉん)の請求額まとめ

iijmio
IIJmioで運用して3年目になりましたが、直近1年間のIIJmioの請求額についてまとめてみました。

契約内容

音声通話付きのミニマムスタートプラン(月3GB)です。


請求額

基本料 音声通話
機能付帯料
通話料 他社接続
サービス通信料
ユニバーサル
サービス料
計(税込)
2016/01 900 700 1,220 2 3,047
2016/02 900 700 580 2 2,356
2016/03 900 700 860 50 2 2,712
2016/04 900 700 1,680 170 2 3,452
2016/05 900 700 640 2 2,421
2016/06 900 700 540 2 2,313
2016/07 900 700 980 150 3 2,562
2016/08 900 700 460 3 2,789
2016/09 900 700 290 3 2,228
2016/10 900 700 210 3 2,044
2016/11 900 700 380 180 3 2,152
2016/12 900 700 500 2 2,141
= 30,217円

前半の通話代は引っ越し絡みの手続き等の影響です。こればかりは避けられませんでした。それでも3千円台前半で済んでいるので元々の安さに救われています。あとは基本仕事やら家族やらにちょいちょい。
後半は家族にはLINEやらGoogle Duoやらで電話回線を避ける様に協力(こと強制)したお陰もあり、多少抑えられている感じがあります。

ではこの額は安いのかどうかという話ですが、同じ土管のドコモの似たプランと比較すると…

カケホーダイライトプラン
(スマホ/タブ)
2,700円
データSパック(小容量) ※2GB 3,500円
SPモード 300円
6,500円 * 12ヶ月 = 78,000円 + 消費税(8%) = 84,240円

差額は54,023円。デジモノヲタ的な発想だと良いスペックの端末が1台買えるくらいです。
他キャリアだとMNPと2年縛りでようやく同じくらいになるパターンがあるようですが、
わざわざ縛られて解かれた後のプランや解約のことを考えなければいけなかったりする手間や、インフラやサービス品質に不満がなければ大手キャリアに戻る必要はないなあ、と改めて実感。
2017年もIIjmioで様子見になりそうです。


共有ボタン



Newest
Previous
Next Post »