HTC U11+ レビュー: U11のブラッシュアップ端末。スケルトンカラーがカッコイイ!

P1090620
久しぶりのレビューは2017年12月に発売された「HTC U11+(plus)」のご紹介です。


スペック

Model2Q4D100
OSAndroid 8.0(Oreo)
SoCSnapdragon 835 MSM8998@2.45GHz/Octa-core
RAM4GB or 6GB
ストレージ64GB or 128GB
ディスプレイ6インチ Super LCD6(1440 x 2880)/Gorilla Glass5
カメラ(リア)12MP(f/1.7) UltraPixel3, OIS
カメラ(フロント)8MP(f/2.0)
バッテリー3930 mAh
入出力USB Type-C v3.1, MicroSDカードスロット,
デュアルnanoSIMカードスロット(MicroSDカードと排他利用。DSDS対応)
通信Wifi(IEEE802.11 b/g/n/ac), Bluetooth 5.0/aptX HD, NFC
ネットワーク(3G/WCDMA)1, 2, 5, 8
ネットワーク(FDD LTE)1, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 20, 28, 32
ネットワーク(TDD LTE)38, 39, 40, 41
大きさ158.5 x 74.9 x 8.5 mm
重さ188g
その他指紋センサー, QuickCarge 3.0

開封の儀

P1090616
化粧箱は2017年フラッグシップのU 11と同じのようです。

P1090618
付属品にはイヤホンジャックとそれをUSB Type-Cに変換する機器や、クリアケースが付いています。

ボディ

P1090629
半透明ブラックことスケルトンカラー!これが目的で買ったようなものです。
中のパーツはうっすらと見える程度なのでスケスケを期待している人は注意。

U11とは違い、角度によって色味が変化するような工夫はあまりなく、単なるガラスという感じです。落ち着きがあるので私はこの方が好きですね。

今まで前面にあった指紋認証は力サイズを抑えるために背面へ移動しました。

P1090621
その代わりに前面はなんとも味気ない感じになりました。これを見てHTC製と気付く人がどれだけいるのか…。
結局は現在トレンドになっている6インチと18:9比率、ベゼルレスデザインの影響でどれも似たようなものになってしまっていますね。

P1090634
カメラはU11から変化はなく、シングルカメラ構成のままです。せっかく大型化したのだからこっちも手を入れてほしかった。
でもあと数ヶ月すれば2018年のフラグシップだしそこまで力入れる感じではないでしょうが。

P1090642
厚みはそれなりにあり気になる人がいるかも。それによってカメラはほんの少し出っ張る程度です。

P1090632
nano SIMカードとMicroSDカードは同一スロットとなっていて、MicroSDを使用しなければデュアルSIMにできます。

P1090631
下部はいつも通り、マイク、USB Type-C、ウーファーを兼ねたスピーカーが並んでます。

P1090623
ディスプレイは6インチへ大型化していますが、18:9かつベゼルレスデザインなので、5.5インチ端末のU 11よりも幅は小さく収まっています。
しかし、他社と比べるとそこまでベゼルレスという感じではありません。

P1090624
わかってはいましたが、手の小さい人は持つと余裕がないです。
U11と比べて横幅は狭くなっているので、Edge Senseはこちらの方が使いやすいという利点はあります。

カメラ

U11と性能差はないらしいので、HTC 10との1ショットの比較で終わりたいと思います。

上: HTC U11+
下: HTC 10
camera_htcu11
camera_htc10
全体的に色が自然になりました。羊の色はちょっと補正入りすぎている感じはありますが。

pic-diff
ドロイド君は特に変化がわかりやすく、実際に色味に近付いています。

ソフトウェア


P1090628
U11との違いだけになりますが、ナビゲーションバーはハードウェアではなくソフトウェアに変わりました。
片手での操作は結構厳しいのですが、ソフトウェアに切り替わったことで自由にカスタマイズできるようになっています。

Screenshot_20180122-194845
もはやAndroidでは当たり前となっている設定ですが、戻るボタンや通知バーを下げるボタン等、大型化したことで難しくなった操作をナビゲーションキーで行えるようになりました。
さらにスワイプすれば第2パネルとしても利用可能ですが、今のところあまり使っていません。

バッテリー

他社の18:9、6インチ系と比べると3930mAhとかなり大容量です。その反面、重量は188gとかなり重くなってしまっています。

Screenshot_20180213-003011
ですが、そのお陰で頻繁に触らなければ2日半経過しても28%まで持っており、かなり余裕があります。
個人的にはもう少し減らして軽くしても良かったんじゃないかなと…。

まとめ

○Good
・ベゼルレス
・カラーリング(スケルトン!スケルトン!)
・U11からブラッシュアップされた設計
・バッテリーライフ

✕Bad
・大きい
・重い
・厚さ

私としての評価は大型化してしまったことによる影響の部分が大きいです。
それでも18:9デザインのお陰でU11よりは持ちやすく、そして握りやすくなったので総合的には良いのかな、と考えています。
今年のフラッグシップ(U12?)ではこれがどうなるのかが楽しみですね。


共有ボタン



Newest
Previous
Next Post »